調理冷食

日本で冷凍食品が普及し始めた草創期から、神栄は中国の生産地との強いつながりを活かし、冷凍野菜と調理冷凍食品を中心に現地で食材を調達・加工し、日本人の好みに合わせた多様な食品を開発してきました。現在では業務用冷凍食品のトップサプライヤーとして200品目を超える商品を供給。より消費者に近い分野へも広がる商品展開を図っています。

01.加工工程

神栄の調理冷凍食品は一個一個、一枚一枚、熟練した作業員が丁寧に手作りで調理しております。
徹底した衛生管理の元、神栄独自の基準に合格した工場でのみ生産を行っております。

02.検査工程

徹底した衛生管理の下で生産された商品を一つ一つ、丹念にチェックします。形状・重量などの均一化、確認を行い、商品を完成させます。

03.製品梱包

最終工程の梱包作業にも、パッケージや表示の確認を行い、綺麗に丁寧に梱包を行います。
機械だけに頼るのではなく、人の目で、手で大切に梱包し、速やかに保管倉庫に移し、出荷に備えます。

04.R&Dセンターでの品質管理

更に日本でお客様のお手元にお届けする前に、R&Dセンターにおいて専門スタッフにより独自に検査を行います。残留農薬、微生物検査等、細部に渡るチェックを経て、神栄独自の基準に合格した安全で安心な商品だけをお届けいたします。

安全・安心の取り組みについてはこちら

WEBカタログで掲載ページを見る

ページの先頭へ