野菜大百科

玉ねぎ【根菜類】

コレステロールの低下、動脈硬化も予防!

ネギやニンニクと同じユリ科の野菜。独特の辛みと刺激臭は硫化アリルという成分に由来し、胃液の分泌を促進したり、発汗を促したりするほか、血液の凝固を遅らせる働きがあり、コレステロールの低下や動脈硬化の予防にも役立ちます。硫化アリルは水溶性のため、辛みなどは水にさらすと和らぎます。また玉ねぎは煮込むと独特の甘みが出るのも特長。種類は大きく分けて、北海道を産地とする秋獲り玉ねぎと兵庫、大阪、長崎など西日本を産地とする春獲り玉ねぎがあります。

効能

食欲増進、疲労回復、強壮、整腸、成人病予防

豆知識

中央アジアが起源と考えられ、地中海一帯でも数千年前から栽培されていましたが東アジアへの伝播は遅れました。日本へは明治時代、アメリカから輸入され、食生活の洋食化とともに一般に普及しました。

食べ方

 煮物、シチュー、揚げもの、炒めもの、サラダ、和えもの、汁の具

「玉ねぎ」を使用した商品

一覧へ戻る

ページの先頭へ