野菜大百科

ちんげん菜【葉菜類】

カロテンは白菜の20倍、ピーマンの6倍!

アブラナ科で白菜の仲間ですが、カロテンは白菜の20倍、ピーマンの6倍も含んでいます。ほかビタミンCやカルシウム、鉄分も多く含んで栄養満点。緑鮮やかでアクがなく、茎も煮崩れせずにシャキッとした歯触りを残しながら柔らかく、貯蔵性もよし。中華はもちろん、和食、洋食などいろいろな料理に活用できます。

効能

風邪予防、美肌、ドライアイ予防、骨粗鬆症予防、貧血予防、便秘改善

豆知識

中国には白菜の種類が豊富ですが、最も多く利用されているのがちんげん菜です。日本に普及したのは昭和40年代後半。栽培技術が発展し、今では年間を通して市場に出回るようになりました。

食べ方

炒めもの、サラダ、スープの具、煮物、漬物

「ちんげん菜」を使用した商品

一覧へ戻る

ページの先頭へ