旬の魚大百科

旬の魚大百科

赤魚

フサカサゴ科の海水魚で、体長は50-60cm。水深500-700mの深海に生息し、体色が赤いことからアコウダイとも呼ばれます。日本では青森県から三重県の太平洋側に生息。千葉県沖や相模湾などでよく獲れます。漁期は12月から4月。主として冬場に入荷され、姿物や切り身として利用されます。

詳細情報を見る

秋鮭

サケ科の遡河性魚(別名:シロサケ)。秋から冬にかけて産まれた稚魚は、海に下りて動物プランクトンや小魚を食べて成長し、孵化して2-4年で成熟した後、再び生まれた川に戻ってきます。かつては体長1m、重さ10kgに達するサケもいましたが、回帰量の増加に伴って小型化が進み、今では体長60cm、重さ2-3kgのものが多くなりました。

詳細情報を見る

アサリ

マルスダレガイ科の2枚貝で、淡水の流れ込む砂泥底に生息します。殻は卵形で、殻長は約4cm。殻の内側は白く、斧の形をした斧足(舌とも呼ばれる)を出して移動しますが、ハマグリのように広範囲にわたって移動することはできません。産卵期は5-12月。春の潮干狩りは彼岸の風物詩になっています。わが国のほぼ全域に分布し、主産地は瀬戸内海や伊勢湾など。

詳細情報を見る

アジ

アジ科の総称で、マアジ、シマアジ、ムロアジ、メアジなどに分類されます。イワシやサバと同様、昔から庶民に最も身近な食用魚です。鱗は小さく、尻びれの前方に2本のとげがあります。体長は20cmから30cm程度で、温暖な海域を還流します。甲殻類や魚、イカなどを捕食します。

詳細情報を見る

イワシ

ニシン科またはカタクチイワシ科の海産の硬骨魚の総称。マイワシ、ウルメイワシ、カタクチイワシなどに分類されます。イワシといえばマイワシを指すことが多いようです。体長は25cmに達し、水面近くを群れになって泳ぎます。日本各地の沿海に生息。漁獲量が多く、漁期は11月から6月ごろまで。

詳細情報を見る

カラスガレイ

カレイ科の海水魚。大型のカレイ類に属し、体長は約1m、体重は約45kgに達します。体は細長い楕円形。水深50-2,000mの海底にすみ、スケトウダラ、カニ、イカなどを捕食します。相模湾以北の太平洋、日本海、オホーツク海、北極海など広く分布。トロール網で漁獲されますが、日本近海での漁獲量は少なく、多くは北洋の産地から輸入されています。

詳細情報を見る

金目鯛

キンメダイ科の海水魚。体長は約60cmで、体色は朱赤色。若魚は岸寄りの浅い海に生息し、成長すると沖の深場に移動します。尾びれ、胸びれは大きく、夜行性で、小魚、カニ類、イカ類などを捕食します。日本の主な漁場は駿河湾、伊豆七島沖、相模湾など。1年中とれますが、旬は冬場。

詳細情報を見る

銀鮭

サケ科の硬骨魚で、体長は20-30cm。サケに似ていますが、全体的にサケより太く、尾びれの後縁が直線的なのが特徴。夏から秋にかけて河川を上り、2、3回にわけて産卵。孵化した小魚は体長が10-15cmに成長するまで河川に生息し、数年後の春、海に降りて成熟します。しばらくすると、再び産卵のために河川を遡ります。

詳細情報を見る

黄金カレイ

カレイ科の海水魚。水深400m以浅の海の砂泥底に生息し、生長すると体長50cmにもなる大型のカレイです。体が橙黄色であることから名づけられました。背びれと尾びれは黒っぽく、産卵は春から夏にかけて、100m以浅の沿岸で行います。肉食性で、二枚貝やゴカイなどを食べます。

詳細情報を見る

サゴシ

サバ科の海水魚で、一般にサワラの小さいものをサゴシと言います。東日本ではサゴチとも。サワラは体長が1m以上にもなりますが、サゴシは50cm程度です。体型はマグロを細長くした形。暖かい季節は岸の近くを遊泳し、寒くなると深場に移動します。青森県から沖縄まで幅広く分布し、釣りの本場は瀬戸内海。産卵時期は初夏。イワシやサバを捕食します。

詳細情報を見る

サバ

サバ科サバ属の硬骨魚の総称。日本近海のサバ類にはマサバ、ゴマサバ、グルクマ、ニジョウサバがあり、一般にはサバと言えばマサバを指します。冷凍原料のサバは主に大西洋で漁獲される“ニシマサバ”“タイセイヨウサバ”と呼ばれる種類で、マサバとは異なり脂が多くノルウエーの他北欧からの輸入物が多い。体長は約50cmで、紡錘形の美しい体型。背部は青緑色で、腹部は銀白色。群れをなして高速遊泳し、小さな魚やイカ、カニなどを食べ、サメやマグロ、鰹などの大型魚に捕食されます。

詳細情報を見る

秋刀魚

サンマ科の硬骨魚で、体長は約30cm。体は細長くて銀色に光り、下あごのほうが上あごより少し長いのが特徴。背は青黒く、腹は銀白色で、刀を連想させることからこの字があてられました。秋の味覚を代表する魚の一つで、晩秋に最も脂が乗って美味。北太平洋の広い範囲に分布しますが、特に日本近海を主な生息水域とします。

詳細情報を見る

縞ホッケ

アイナメ科の硬骨魚。キタノホッケ、チシマホッケとも呼ばれるように北海道以北に分布し、体長は約50cm。体が細長く、真ホッケに似ていますが、体側に数本の黒い横帯があることと、真ホッケより寒冷で水深の深い海域に生息しているため、脂分が少ないのが特徴です。固体変異に富み、暗黄色、緑黄色のものもいます。

詳細情報を見る

シルバー

スズキ目イボダイ科の海水魚で、正式名称はシルバーワレフ。主に南太平洋、インド洋の水深200-500mの海域に生息しており、体長は約50cm。かつては沖ブリ、銀(沖)ヒサスの名前で流通していたこともありますが、現在はシルバーの名で店頭に並んでいます。体色は青味がかった灰褐色。

詳細情報を見る

白糸ダラ

タラ科の海水魚で、北米の大西洋側やフランス以北のヨーロッパの北海、大西洋に生息。体長は70cmから大きいものでは1mを超すものもいます。体色は背側が灰緑色で、腹側は銀白色。水深300mより浅い海域を群れになって回遊し、小魚や甲殻類などを捕食。身は締まっていて美味。

詳細情報を見る

タチウオ(オビレダチ)

タチウオ科の海水魚ですが、輸入原料はタチウオ科オビレダチ亜科で、ニュージーランド産の“オビレダチ”です。日本漁獲されるタチウオと違う点は“尾ビレ”が有る点です。体はその名の通り太刀のように細長くて平たく、全長1.5mに達するものもいます。背びれは1基で、腹びれ、尾びれはなく、イワシやイカなどを捕食しながら回遊します。肉質は白身で柔らかく、旬は夏。体表面の粉状の物質(グアニン箔)は銀白色で、模造真珠の原料にされます。

詳細情報を見る

トウジン

タラ目ソコダラ科の海水魚。北西太平洋の暖海域の水深300m-800mの海底に生息し、甲殻類や小型魚、ゴカイなどを捕食します。体長は60cmから70cm。吻(目の前方部)が長くて突き出しており、肛門の前方に発光器があります。別名ヒゲ。底引き網で漁獲され、味は上品で淡泊。

詳細情報を見る

トラウト

サケ科ニジマスで、降海型(海に下る魚)と陸封型(生涯淡水で生活する魚)の2種類がいます。降海型のほうが陸封型より大きく、体形は他のサーモンとよく似ています。体の色は銀白色で、身の色はピンクがかったオレンジ。カムチャッカ半島からアメリカまでの北太平洋に自然分布しますが、市場に出回っているものはチリやノルウェーなどで海中養殖されたものが多いようです。

詳細情報を見る

ナイルパーチ

スズキ目のアカメ科に属する淡水魚で、体長2m、体重200kgに達するものもいます。アフリカ大陸の河川や汽水湖に生息し、主としてヨーロッパや日本に輸出されています。小魚やエビ、カニなどの甲殻類を捕食。四国南部や九州の東南部に生息する汽水魚のアカメによく似ています。

詳細情報を見る

ニシン

イワシ科の硬骨魚。日本海や北太平洋、ロシア近海など、北半球の広い海域に分布します。体長は30cm程度で、別名「春告魚」。マイワシに似ていますが、体に黒点がないことで見分けがつきます。肉は白くてもろく、脂が乗ったものがおいしいとされます。日本人には古くから親しまれ、ニシンを題材にした「ソーラン節」や「江差追分」などの民謡でもしられます。「数の子」はニシンの卵巣を乾燥あるいは塩漬けしたもので、おせち料理の定番。

詳細情報を見る

ブリ

アジ科の硬骨魚で、体形は長い紡錘形。全長は1m-1.3mで、春から夏にかけて日本列島を北上し、秋から冬にかけて南下します。成長するに従って呼称の変わる出世魚で、関西では小さい順にツバス、ハマチ、メジロ、ブリ(関東ではワカシ、イナダ、ワラサ、ブリ)と呼びます。養殖モノは年中店頭に並びますが、天然モノは「寒鰯」ともいわれ、冬場が最も美味。

詳細情報を見る

ホキ

メルルーサ科(最近はマクルロヌス科に分類されることが多い)の海水魚で、オーストラリア南部からニュージーランド近海の水深300-800mに生息します。体長は50-80cmで、中には1mを超すものもいます。円筒形で細長い体と大きな眼と鋭い歯をもつのが特徴で、背側は青緑色で、腹側は銀白色。イワシなどの魚類のほか甲殻類やイカを捕食します。

詳細情報を見る

マイカ

スルメイカ科の頭足類で、胴長は約30cm。体は細長く、ひれは菱形。胴の背中に幅広い黒色の線があります。釣りのシーズンは初夏から秋。食用として日本で最も多く漁獲されているイカで、生息地は北海道から九州までの日本海側や三陸沖。鮮度の高いイカなら、足の吸盤が指先に吸いつきます。「するめ」の材料にされることが多いため「スルメイカ」と呼ばれます。

詳細情報を見る

マス

サケ科の遡河性魚。「サクラマス」の別称で、陸封型のマスはヤマメ(関東)、エノハ(九州地方)などと呼ばれます。孵化してしばらく河川で過ごした後、海に下り、孵化して2年半の春になると再び河川を遡上します。身は柔らかくて風味豊か。桜の花が咲くころに河を遡るマスという意味から「サクラマス」と呼ぶようになったという節もあります。

詳細情報を見る

マダラ

厳冬期に脂が乗ったタラ科の海水魚で、一般にタラといえばマダラを指します。寒流性で、大きいものは体長が1mにも達します。大きな口と鋭い歯をもち、魚やカニ、貝などを手当たり次第食べます。水深150-300mの深い場所に生息。マダラの精巣は白子または菊子と呼ばれて珍重されます。旬は厳冬期で、この季節は脂が乗っています。

詳細情報を見る

ムラサキイカ

スルメイカ科の頭足類で、外洋性のイカ。外套膜の長さは50cmに達するものもいます。スルメイカに似ていますが、全体に赤みがかっているのが特徴(これによりアカイカと呼ばれます)。日本では津軽海峡より南の海に生息します。水面から深さ1,500mまでの間を遊泳し、イワシ類、サンマなどを食べます。肉は美味。

詳細情報を見る

メバル

フサカサゴ科の海水魚。輸入原料は“キタメヌケ”と呼ばれる種類。体は楕円形で、体長は約25cm。下顎が突き出て、眼が大きいのが特徴です。体色は一般には褐色ですが、水深の深い海にすむものは赤味がかっています。北海道南部から九州までの沿岸部の岩礁域に分布。釣り好きの人に人気で、波が静かで無風状態のときが最もよく釣れます。

詳細情報を見る

メルルーサ

メルルーサ科の海水魚で、体長1mを超す大型のものもいます。口が大きく、ひげがないのが特徴。世界に1属13種あるといわれ、主として、東太平洋や大西洋、地中海、ニュージーランド沖の水深100-1,000mに生息。遠洋漁業で漁獲され、食用のほか、肥料やペットフードの原料としても使用されています。

詳細情報を見る

ワカサギ

キュウリウオ科の淡水魚で、体長は10cmほど。背は黄褐色で腹は銀白色。氷上での穴釣り(ワカサギ釣り)は冬の風物詩になっています。産卵期は1月から4月。もともと利根川以北の太平洋、島根県以北の日本海、朝鮮半島の沿岸や汽水湖などに生息していましたが、卵は生命力が強く、淡水にも適応できるため、各地で養殖されるようになりました。輸入原料は中国から。

詳細情報を見る

子持ちシシャモ(カラフトシシャモ)

カラフトシシャモはキュウリウオ科の海水魚で、北太平洋北部から北極海、北大西洋北部にかけて世界的に広く生息します。ウロコが小さく、脂鰭が大きいのが特徴です。体長は通常15cm程度ですが、雄で最大20cm、雌で25cmになるものもいます。

詳細情報を見る

ページの先頭へ